FC2ブログ

お知らせ&日々のこと

インフルエンザについて

Posted by 直方の白石内科医院 on   0 

11月に入り、朝晩は少しずつ寒くなってまいりました。

皆様風邪などひいておりませんでしょうか。朝方にのどが痛くなる、鼻水が出るなどの風邪の前触れ症状の方も増えております。

11月1日の時点では、沖縄県で流行、新潟県で流行の兆しがみられる程度ですが、これから注意が必要な時期です。

日本感染症学会から、抗インフルエンザ使用に関する提言が改訂されました。当院ではインフルエンザの薬はタミフルとイナビルを採用しております。

昨年から1回飲むだけでよいゾフルーザという薬が販売されました。上記の提言の中では、このゾフルーの治療効果はインフルエンザAに対してはタミフル・イナビルと同じくらいで、インフルエンに対してはゾフルーザの方がやや優れていたとのことです。

しかし、ゾフルーザは耐性ウイルス(薬の効きにくいウイルス)が出やすいようだ、ということがわかってきており、値段も高いことから当院ではまだ採用しておりません(金額比較の図はFNN PRIMEのページより借用)。

当院ではジェネリックもあるタミフルを中心にインフルエンザの治療を行ってまいります。

しかし、風邪は何よりも予防が肝心です。うがい、手洗い、人ごみに行くときはマスクをつける、栄養のある食事をとる、そして予防接種、これらが一番大事なのだと思います。

ゾフルーザの金額

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。