FC2ブログ

お知らせ&日々のこと

新型コロナウイルス感染症に関しまして

Posted by 直方の白石内科医院 on   0 

先週末、福岡県でも新型コロナウイルス感染症の患者さんが発生し、不安な気持ちで過ごされる方も多いと存じます。
当院のある直方市は人口密集度が高くないため、感染は広がりにくいのではないかと期待したいところですが、どうなるかはわかりません。

現在までに厚生労働省のホームページや医師会から得られた情報をまとめたいと思います。

福岡県医師会からの情報をまとめますと、コロナウイルス感染症はウイルスの感染による病気です。感染してから発症するまでの潜伏期間は1日~12.5日(平均5、6日)のようです。
飛沫感染(感染した人のくしゃみや咳が口や鼻から入ってくる)と、接触感染(感染した人がくしゃみ、咳を手で押さえ、その手からドアノブやペットボトルなどの物を介して他の人の口や鼻からウイルスが入る)によってうつります。
予防として、こまめな手洗いが必須で、外から帰った後、料理の前後、食事の前などに必ず石鹸やアルコールを使って手を洗うことが大切です。咳やくしゃみの出るときは、マスクを使う、ティッシュで口と鼻を覆うなどして他の人にうつらないように心がけましょう。
37.5℃以上の熱が4日以上続いているとき、強いだるさや呼吸困難がある場合には、下に書いております保健所の相談センターにご相談ください。高齢者(65歳以上)、基礎疾患のある方(癌や数値の高い糖尿病、心不全や腎不全など)では2日以上続く場合でよいそうです。直方以外の地域にお住まいの方は、各々の地域の保健所をチェックされてください。
北海道ではさっぽろ雪まつりに参加した人の中から感染者が出ているようです。人が多く集まるイベントや行事はなるべく小規模で済ませる、参加を見送ることが必要となりそうです。宮内庁も、コロナウイルスのために陛下の即位後初の天皇誕生日の一般参賀であるにもかかわらず中止を発表しました。

当院のように小さな診療所では検査はできません。福岡県医師会からも通達を受けておりますが、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域への渡航歴・滞在歴のある方、または「中国への渡航歴があり、発熱及び呼吸器症状のある方」と接触があった方で、かぜ症状のある方は、必ず事前に最寄りの保健所に電話で相談し、指示を受けてください。
嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所の電話番号:0948-21-4972 (夜間・休日:092-471-0264)
新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、福岡県庁がん感染症疾病対策課感染症対策係で対応いただけるそうです (092-643-3288、平日 8:30-17:00)

人ごみを避け、手洗い、うがいをしっかり行う、栄養のある食事をとり健康を保つことが一番の予防です。皆様気を付けてお過ごしください。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。